キーレスとはキーレスエントリーシステム(keyless entry system)のことで、車のカギを鍵穴に差し込むことなく、リモコンにてドアのロック・アンロックができる装備のことをいいます。キー(鍵)、レス(無し)、エントリー(乗り込む)の意味になります。

 

あまりコストもかからないため、軽自動車やコンパクトカーのベーシックモデルにも標準装備されるケースが増えています。エンジンを掛ける時は、イグニッションキーとしてシリンダーにキーを差し込んで回す従来通りの方法でエンジンスタートとなる場合がほとんどです。
キーレスを最初に採用した国産車は?
記事番号:13350/アイテムID:371339の画像

 

 

 

車キーレス アコード

 

キーレスの装備を初めて搭載した国産車は1985年に発売されたホンダの「アコード」です。30年も前に実用化されていたのですね!

 

1985年に登場したアコードの搭載エンジンは、新開発の直列4気筒 DOHC 16Valve 1.8L CVデュアルキャブ仕様のB18A型と2.0L PGM-FI仕様のB20A型及びSOHC 12Valve 1.8L シングルキャブレター仕様のA18A型。B20A型はシリンダーヘッドだけでなく鉄製が主流だったシリンダーブロックもアルミニウム製で、エンジン重量あたりの出力効率は当時の世界一を記録しました。

 

サスペンションには、レーシングカーやスポーツカーが採用する4輪ダブルウィッシュボーンをFF量産車として初めて採用しました。またア