ランクル70 買い取り価格

ランクル70の買い取り価格や相場、買取査定を少しでも高く売却できる方法を解説!
MENU

新車や中古車の乗り換えや転勤、使用しなくなった等で車の売却を検討すると思いますが、どんな書類が必要なのか理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

車を売却するには、6種類の書類が必要になります。

 

 

 

本記事では、車を売却する際にスムーズに進める様にあなたが予め書類を準備できるようにまとめております。

 

 

 

さらに、売却を急いでいる方に向けて、どんな売却方法がオススメなのかも合わせて紹介しています。

 

 

 

車を売却する際に必要な書類は6種類
車を売却する際に必要な書類は6種類
車を売却する際に必要になる6つの書類は、結論から申し上げると下記6種類になります。

 

 

 

車売却に必要な書類一覧

 

車検証
納税証明書
自賠責保険証
実印
印鑑証明書
リサイクル券

 

 

ここでは、それぞれの書類の説明とそれらの入手方法やもしも無くしてしまった場合の再発行方法をまとめています。

 

 

 

車売却に必要書類一覧表
下記に一覧表をまとめております。保管場所は、多くの人が保管している場所を記載しています。

 

自動車の身分証明書
ダッシュボードに
保管している人が多い

 

 

普通自動車:陸運局(運輸局・支局)
軽自動車:軽自動車検査協会

 

納税証明書 車を所有していれば年に一度必ず支払う税金その税金を支払った証明書
自宅orダッシュボードに
保管している人が多い

 

車を売却する場合には、必ず所有者をあなたに変更する必要があります。
必ずローン会社に相談して所有者変更の手続きを行ってください。

 

 

 

もし車の名義人が異なる場合は、さらに少し手続きが必要です。詳細は「車売却で名義人が本人ではない場合の手続き方法を分かりやすく解説」をご確認ください。

 

 

 

また、ディーラーや車買取店ではなく、友人に売るなど自分で全て手続きをする場合は、もう少し詳しく知る必要があります。「友達に車売る場合は何が必要?一から十までを分かりやすく解説」をご確認ください。

 

 

 

次にもしローンなどが残っている方に向けての解決方法を説明します。

このページの先頭へ